FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/59-7dca5f42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「もっと早くきてたらよかった…」と患者さんがつぶやいた。

先日、ある患者さんとお話していて、その方が

「先生ぇ、わたしねぇ思いますねん。

こんな悪くまでほっといてしもて、やっぱりもっと早く

寄せてもろたら良かったのになぁと思います
わぁ…」

とボソッとつぶやかれました。


たぶん歯科医になってすぐのころでしたら、

「早期発見・早期治療」という教育を受けてましたので

「そうですねぇ、もっと早く来てもらったら

よかったんですが…、残念なことですね」的な

お答えをしてたと思います、おそらく。


ところが今年で歯科医歴22年目の私、

いろいろな患者さんの治療経験や、

さまざまな歯科医の先生との関わりを

積んできたこともあり、今回はこうお答えしました。


「そうですね。もし5年前や10年前に来てもらってても

その時の症状に応じて、その時考えられるベストの治療を

行ったと思いますよ。それよりお仕事やその他で、

歯医者に来られるタイミングというのは、

患者さんそれぞれで諸事情がおありだと思いますから、

私は、患者さんが初めてお見えになられた時が

『ベストの治療どき』だと考えています。


過去に治療できなかったことより、

これから先の5年後、10年後のことを考えて

治療を組み立てることの方が大切だと思います



今のお口の中の問題をどう解決するかにフォーカスすることが、

これからの新たな問題を回避するベストな選択だと信じてます。


希望の光は消えないものなのです。


希望の光




(三谷 徹/ToruMit@ni)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/59-7dca5f42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。