FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/58-c8fbad01

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

予期せぬ痛みが出てしまいました・・・。

痛くなかった歯に痛みが出た患者さん


この方は30代の女性です。右下奥歯の金属のかぶせを

やりなおして白く欲しいということでお見えになりました。


写真の左側が口の奥で、やりなおす歯は左から2本目、

青い矢印は、神経をとったあとの薬を

黄色い矢印は、歯の根っこの先に

慢性の炎症を起こしている部分を示しています。


神経をとったのはもう10年以上前だそうですが、

レントゲン写真では炎症がみられるものの、

来院前の患者さんには全く自覚症状がありませんでした。

ですからこの部分について説明しますと、

患者さんはビックリされておられました。


おそらく根っこの先に細菌の感染がおきているのですが、

そのスピードがゆっくりなので、からだの免疫力の防御機構との

バランスがそれなりに均衡しているのでしょう。


ただこのままで上のかぶせだけを替えても

いつこの黄色の部分が急性症状をおこすかわかりません。

またこのままでしたら徐々に進行はしていくので、

もう一度根っこの治療をやり直すこととしました。


ところが…


初回の治療のその晩から、

救急に行こうかと思うぐらいの痛み」が出てしまいました。


万が一を考えて、化膿止めや痛み止めのお薬を

お出ししてたのですが、ほとんど効かずだったそうです。

通常でしたら2~3日後にお見えいただくのですが、

GWに入ってしまい、しばらく来院できなかったのです。

痛くなかった歯を治療して痛みが出てしまったわけです。

大変申し訳ないことをしました。いくらご説明していたとはいえ、

これはいいことではありません。


ただこういった急性症状は、

正直申し上げて私の臨床では年に1~数回ありますし、

これをご覧の歯医者さんなら、

みなさん一度くらいはご経験があるか思います。


多くの場合、自覚症状がない場合、歯科医が

急いで根っこの治療を進めてしまうと

器具や消毒のお薬の刺激がダイレクトに根っこに届き、

住み着いたバイキンが「へばってくれる」どころか

「暴れてだして」こういった急性発作をおこすようです。

(…エビデンスがありそうでないお話、誠に恐縮です)。


ただ近年、米国歯内療法学会
(American Association of Endodontists)などでは、

感染防止や保険給付などの理由で、

「単回(一回)での根っこの治療」を推奨している


とのことだそうですが、私にはどうも現実的でない気がします。


とはいえ痛くなってしまったあとでは

なにをどう言っても言い訳に過ぎません。


I さん、お痛みが出まして大変申し訳ありませんでした。

治療方法に問題はなかったか?改善できる部分はないか?

もう一度しっかり検証して、すこしでも安心のできる

確実に治っていく根っこの治療を心がけたいと思います。





(三谷 徹/ToruMit@ni)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/58-c8fbad01

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。