FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/4-9410a1c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

歯医者はみんなこう思ってる・・・ハズ?

患者さんは、歯の治療では例外なく、

「痛くなく、安く、早く、上手に、長もち」して欲しい

と思っておられます(と歯医者は思ってます)。


また「できることなら歯医者になんか行きたくない」とも

かなりの患者さんが思っておられるようです(と歯医者は思っています)。


一方、歯医者さんは毎日のように歯を削ったり、むし歯をつめたり、

歯の掃除をしたり、入れ歯を作ったり、はたまた歯を抜いたり・・・

こういう治療をやっています(まさに今日もやってます)。


でも…


…違うんです。


ほんとう言うと歯医者さんは、

こういう削ったりするような治療が、心の底から大好きで、

患者さんの治療をしているわけじゃないんです

(中には「大好きだ!」と言う歯医者さんもおられるかも知れませんが)。


じゃぁどう思ってるの?…ですよね?


…こっそりお教えしましょう。


ほんとうは…やむを得ず…仕方なく…歯を削ってるのです(^_^;)。


もちろん患者さんを治療するときに

「削るの嫌だなぁ」と思いながら

イヤイヤ治療しているわけではありません。


歯科の治療は体の一部を削る治療ですから、お医者さんで言うと

内科的な治療ではなく、どちらかと言うと外科の部類に入ります。

あらためて言うまでもなく、取り返しのつかない

(非可逆的と言います)医療行為なのです。



だから私は、みなさんがビックリするぐらい(?)真剣に歯を削りますし、

真剣に歯も抜きます。歯ぐきの手術だってしますし、

入れ歯も細かいところまで何度もシツコクあわせていきます。


でも、それが一番!


…じゃない。


むし歯になって、悪くなった部分を置き換える治療よりも、

悪くしないで、生まれつきの自分の体を一生使っていくほうが

誰だっていいってわかりますよね。


私は初めてこられた患者さんに、

ときどきこういう話をすることがあります。



「私はいま46歳です。そしてもし元気だったら、

今後30年ぐらいはこの仕事をしていると思います」


「今日私はあなたに初めてお会いしましたが、

今から30年後、あなたにお会いしたときに、

『○○さん、この30年間よく歯が持ちましたね』

『お掃除だけで来られてて、大がかりな治療をしなくてよかったですね』

『入れ歯にならなくてよかったですね』

って言いたいんです、ほんとうは」


もちろん初対面の方にそういうことをお話しすると、

30年先なんか想像したこともない世界ですから

ほとんどの方が「何を言ってるの?」と戸惑われます。


ただこのように時間軸を考えて患者さんと接するという視点が

今までの私たち歯医者の仕事には、絶対的に欠けていた
ように思います。


「患者さん各々が未来に向かってお持ちの時間に対して、

医療人としての最大限の責任を持つ」



そう肝に銘じて日々の診療に携わりたいと思います。



(三谷 徹/TooruMit@ni)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/4-9410a1c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。