FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/35-63d3f0dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

歯が割れてしまったら・・・。

7高橋有里子DSC_1247


この方は20歳代の女性。

ごらんのように歯が半分に割れてしまっています。


通常でしたらありえないことなのですが、

歯の神経を取った歯では

ときどきおきてしまうトラブルです。

写真の上側がほっぺた側、

割れてなくなった下側が舌側(ベロがわ)になります。


この方の場合、麻酔をして

ブラブラ歯ぐきについていた破片を取り除きました。

下の写真が取り除いた破片です。

歯の根っこ(骨に入っている部分)の一部まで

割れているのがわかります。

7高橋有里子DSC_1242

歯の根っこの先まで真っ二つに割れていたら、

歯全体を抜くことになるのですが、

そこまでではありませんでしたので、

歯を残して治療を終えることができました。


ただ「割れた部分を人工物(金属のつめもの)に

変えただけであり、天然の歯には戻るわけではないので、

やはり多少不安を残した治療結果になっている


ということを、患者さんにお伝えしました。


歯が割れてしまったという場合、

歯をぬくという最悪の状態は避けることができても、

歯の割れ方にもよりますが、

十分満足した結果に持ち込むのは

割りあいに難しかったりする
ので、

われわれ歯科医が日々頭を悩ませてしまうところです。


ですからこのような場合、「どのあたりが着地点か」を

患者さんと十分にご相談した上で、じっくり考えながら

治療を進めていくことが、とても大切になるのです



(三谷 徹/ToruMit@ni)


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitanidc.blog82.fc2.com/tb.php/35-63d3f0dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。