Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日午後、診療室の天井工事と新しい照明を取り付けております!

天井工事と新しい照明器具の取り付け!

続きを読む

「歯は削らない!それが一番長持ちするんです!!」(その1)


患者さんとお話しするなかで、最近とくに私が思うことがあります。


それは


「虫歯の治療で削ってしまった歯は、
いずれ必ず悪くなってくる!」


・・・ってことなんです。


これは歯科医として26年間、

多くの患者さんを治療してきた中での「ざっくりした」感想です。



ぇぇええ゛~~~??


・・・ですよね。


でもですね、10年、15年という長い時間の単位でみると、

だいだいそんな傾向
なんです。


もちろん我々が同じように患者さんの治療していても、

悪くなるスピードは、患者さん個人個人で異なります。


患者さんから

「先生!わたしの歯はあとどれだけ持ちますか?」

とよく言われるのですが、

はっきり「あと5年ですねぇ」などとは言えないものなのです。


患者さんの日々のお手入れの回数や時間、

歯ブラシの当て方が上手いかどうか、唾液の質、咬みしめ癖、

磨きやすいかみ合わせや歯ならびかどうか、

また食生活や生活リズム、定期検診を受けているかどうか・・・


などなど、
患者さんサイドでの要素はさまざまですので、

同じように歯科医が治療をしても、

症状の悪化には個人差があります。


しかしどれだけお手入れをしっかりしても、


かぶせたり詰めたりかぶせたりするのに用いる

レジンという樹脂や金属、陶材
しょせん人工物ですから、

耐久性からみると天然歯表面の
エナメル質には勝てません



また患者さんの歯と人工物のあいだには、

必ず境目(継(つ)ぎ目)があるので、

この部分の精度が高くないと、


汚れがたまって問題が再発してくることは想像に難くないでしょう。

歯科医が精度を上げることはもちろんですが、

患者さん自身が境目をしっかりお手入れして汚れを除くことも、

同じように大切なこと
なのです。



それらをふまえて考えてたうえで、

わたしは患者さんにお伝えするのです。


「一度も削ったことのない歯は、
お手入れだけで一生持ちます。
でも削ってしまったら、その歯はその時から
悪くなる問題を抱えてしまうのです」





(この項つづく)




( 三谷 徹 / ToruMit@ni )



先日のNHK総合「プロフェッショナル/仕事の流儀」に歯科の話題が!

NHK総合「プロフェッショナル/仕事の流儀」、

放映回数242回目で、はじめて歯科医師が登場しました。

http://www.nhk.or.jp/professional/2014/1027/


この方を知らない日本の歯科医はおそらくおられないでしょう。

山形県酒田市にて、予防を中心に長年地域医療に取り組んでおられる

熊谷 崇 先生です。



放送のはじめに、84歳になっても自分の歯でスルメを噛み切る高齢者や

90歳を超えても入れ歯知らずで美味しく食事をされる方々がこれでもかと登場され、

歯科医の予防と管理、患者さんの自覚と努力で、歯を永年長持ちさせることができるのだということ

あらためて知ることができる内容だったと思います。



わたくし自身、最近とくに患者さんにお伝えしている、

「歯は老化ではなくなりません。
歯は病気で失われていくのです!」


ということを、実証されておられる先達が熊谷 崇先生だと思います。



ちなみに私が歯科医師になったころ、一般の書店の健康コーナーに

患者さん向けの本を出されていたのを手にとって、ほんとうに衝撃を受けました。


新版歯科本音の治療がわかる本_表紙


すでに絶版となっていて、約20年数前の出版なのですが、内容的には現在でも十分通用します。

お近くの図書館の蔵書ではあると思いますので、是非一度手にとってお読みください。

歯医者さんへ意識がきっと変わると思います(^○^)!。



( 三谷 徹 / ToruMit@ni )



ゆるキャラ「よ坊さん」って、ご存知?

よ坊さん01


全国各地で「ゆるキャラブーム」だそうですが、

こちらのキャラをご存知のかたは、

かなりのゆるキャラマニアかも?


いまから6年前の平成18年度に誕生した、

日本歯科医師会PRキャラクター「よ坊さん」。

あの「ひこニャン」の誕生よりも1年前に、

さっそうと歯科界に登場しました(笑)。


日本歯科医師会のHPによりますと・・・

「予防山」(よぼうさん)で一番弟子の「にゅう坊」や

ガールフレンドの「ハミガキ子」とともに修行し、

「予防の大切さ」をPRしています・・・だって。


・・・む、むっ!ゆるさ、限りなし!


日本歯科医師会PRキャラクター!ゆるキャラ「よ坊さん」の動画はこちら



( 三谷 徹 / ToruMit@ni )






歯ぐきって縮むんです!




60代の男性が「右下の奥歯がしみる」ということでお見えになりました。


よく見ると上の写真のように、歯のアタマと歯ぐきとのあいだが、

こげ茶色になってます。


この部分は本来、歯ぐきにおおわれていて、見えてくることはありません。


ただここが見えてくると、冷たいものがシミるようになり、

場合によっては、歯みがきの際にも痛いので、磨くのがおっくうになります。


いわゆる「知覚過敏」という症状です。


さらに困ったことに、このこげ茶色の部分は歯の質が弱く、

虫歯になりやすいのです。


歯みがき粉を工夫したりすると症状は治まることもありますが、

もとはと言えば、歯をおおっていた歯ぐきが、

長年にわたって縮んできたことから起きた症状なので、

縮んだ歯ぐきを移植手術により回復することが、

永続性のある的確で確実な治療法
です。


ただここまで歯ぐきが縮んでしまったこの方の場合、

移植手術は困難なため、レジンという樹脂を接着することで

症状は治まりました。


しかしそれはあくまでも対症療法で、本来であれば、

初期の段階で、歯ぐきをもとに戻すことを目指すべきでしょう。



私どもでは、ここまで歯ぐきが縮まないうちに、

なんとか本来の姿を回復し、それを維持できたら・・・

と思いながら、日々診療に取り組んでおります。


みなさんも、歯が以前より少し長くなった?

なんて思ったら、「歯医者さんに相談だ!」




( 三谷 徹 / ToruMit@ni )







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。